11.26
Thu
006_2015112615393645a.jpg

外でのたーちゃんの写真撮ってないなぁ
紅葉とたーちゃんの写真を大きな公園に行って撮ろうと夏までは思っていたけど
最近のたーちゃんはあまり公園に行っても以前の様に歩きません。

先週11月17日(火)に獣医さんに行ってきました。
丁度1週間ほど前から咳をするようになって
それも気になる咳だったので

9歳の春に肺炎になった時に気管支拡張症になってたのが再発しました。
この時もこの病気になると一生お薬を飲むのが普通なのに
たーちゃんは3か月の服用で済んで珍しいと言われました。
たーちゃんは運が強いねと喜んだのですが
あれから1年半になります。

咳は人間で言うと寝がえりした時に出ます。
これは気管がぺたっとなって元に戻らないからだそうです。

ママは獣医さんの話を聞きながら
気管がひっついて酸素が行かなくなった時のことを考えると
ドキドキして頭が真っ白になりました。

獣医さんに行った日に覚書としてブログを書こうと思ったのですが
悪いことばかり考えてしまうので
負の連鎖になってはいけないと思い書けませんでした。
でもこれからのことを考えると
覚書は大事
人の記憶は時と共に変わったりしてしまうからと思い
書くことにしました。

お薬は
気管支拡張剤、消炎剤、抗生剤を朝と夕方に飲ませています。

お薬を飲ませてから咳も減りました。
食欲もあって元気なのですが
お散歩はあまり歩きません。

たーちゃんも来年は11歳
人間で言うと60歳
そりゃ色々と体の不調は出てきますよね。
何もない方がおかしい
そう思うとお薬飲んでご機嫌よく過ごしてくれたら一番うれしいのですが
2週間後に診察なので30日に獣医さんに連れていきます。

お薬飲んで
咳の発作が起きないように祈るばかりです。

こんなことがあると
仕事辞めてて本当によかったと思います。

今朝もお散歩に出たら
マルチーズを飼っていたと言う女の人が駆け寄ってきました。
うちは16歳までいたよと言いながらたーちゃんを撫ぜていました。
16歳まで育てた人に撫ぜてもらったらご利益ありそうで(笑)
たーちゃんもされるがままでした(^^)




back-to-top