01.16
Sat
14日の夕方たーちゃんの様子がおかしいと気がつきました。
歩き方がふらふらしている。
多分目が悪いので見えにくいのかなと思ってました。
でも体を触るとお腹がカチカチ
たーちゃんは8歳の時に膵炎を患ったので
一番に心配しました。
膵炎の特徴はお腹が固くなる、下痢、嘔吐、うなだれた様にうつむいて動かない、食欲がない。
ママはスラスラと出てくるくらい覚えました。
今回のたーちゃんは食欲はある。下痢も嘔吐もない。
今回はうなだれるとは反対に顔をあげててシッポをさげて中々座らないで立ったまま
お昼は普通だったのに
便秘でなのかなと思って先生に教えてもらったオリゴ糖をあげました。
夜中に時々見ましたが夜はぐっすり寝ていました。

朝早めにシートのところに連れていき
オシッコとうんちを促しましたが座り込んで中々動けません。
朝ごはんをあげると暫くしてやっと尿と便がでました。
ママは少し安心してお腹を触って見ましたが
やっぱりまだかちかち
抱っこをすると手足まで突っ張って体中がカチカチでした。

慌ててタクシーで病院へ
血液検査、レントゲン、エコーどれも正常でした。
でも体を硬くするのはどこか痛いところがあるとのことです。
お腹がかたい
病院では家の様に体を突っ張らないので先生はお腹の痛み止めの注射とお薬を出してくれました。
脊髄(ヘルニア)の疑いもあるけど・・・・
これで様子を見てまだおさまらないようなら連れてきてくださいとのことでした。

家に帰ってすぐお薬を飲ませたら
夕方には少し歩いて水を飲んだりしていました。
でもふらつくので
病院に電話で聞いてみました。
昼はふらつきがありませんでした。
するとそれは骨の方だと思うので(ヘルニア?)
明日(1/15)本人は絶対安静にしてお母さんだけお薬取りに来てくださいと。
その時に様子をムービーで撮ってきてくださいと言われました。

今朝行ってきました。
夕方、夜、今朝ムービーを見ていただきました。
時間が経つにつれて少しずつ良くなっているような
今朝は若干おシッポも上がっていました。
今朝のオシッコはふらつきながらも足をあげているので
多分このお薬で大丈夫と思いますと4日分の骨の痛み止めを出してもらいました。
急いで帰ってたーちゃんに飲ませると
さっき宅配便のピンポンーにワンワンと反応してカドラーから自分で出ました。
その姿は背中が曲がっていませんでした。
ママは少しほっとしました。
人間と一緒で何かしたわけでもないのにちょっとしたした拍子にぎっくり腰になるのと同じだそうです。
たーちゃん暫く安静にです。

それと今回はいつも診てもらっている副院長先生がお休みだったので
他の先生でした。
でも膵炎の時に副院長先生と一緒に対応して頂いた先生です。
目の方も僕にももう一度診させてくださいと言われたので
診てもらいました。
やっぱり白内障なのです、まだ光を感じていてにごりも少なく
他にもあるかもとのことでした。
多分網膜変性症かなと
でも検査は眼科専門の医者に行かないとダメとのことで
紹介はするけど検査に全身麻酔をしてもし網膜変性症とわかっても
病名がわかるだけで治療方法はないそうです。
今の病院で出来る範囲の検査はしてもらったので全身麻酔して病名わかるだけなら
そんな危険は回避しようと思いました。
病名がわかって治療すればよくなるのなら・・・・
それとたーちゃんが若くて他の病気も患ってないのなら考えるのですが
網膜変性症も失明は免れないようです。

新年になってからたーちゃん可哀そうに病院通いですが
でもでも今日貰ってきたお薬が効いているようだし
目の方は少しずつ進んで見えなくなっても
食いしん坊のたーちゃんは嗅覚は優れてるし(笑)
お耳はおしゃべりなママの声聴いてるので聴覚も優れてるし(笑)

今日のお薬が効かなくてもしヘルニアだったら
CT検査に手術で全身麻酔の危険あるしこれは回避できそうなので
たーちゃんは運が強いとママは思うのです。
ママのおみくじで「病・・祈れば治る」だったので祈りましょう!!(^^)





back-to-top