01.25
Mon
覚書きです。

今朝9時前にたーちゃんが急に喉が詰まったような咳と言うか
人間で言うと食べ物が間違って気管に入ったような感じになりました。
たまにこんな事があるのですが今朝のはびっくりするくらい激しくて
ママはたーちゃんの背中をポンポンとたたいたり、撫ぜたりしたけど
中々治りません。そしたら見る見るうちにたーちゃんのお顔と体の半分くらいが紫色になってきて
ママは只々おろおろしてたーちゃんの背中をさすったり撫ぜたり
大きな声でたーちゃん!たーちゃんと呼ぶことしか出来ませんでした。
でもこれではたーちゃん死んでしまう!
ママは人間の人工呼吸を思い出して
たーちゃんのマズルをつかんで口に咥え思い切り息を吹きかけました。
正しく人の人工呼吸です。
そしたらチアノーゼが消えてたーちゃんはふらふらとシートのところへ行って
オシッコをしました。
そしてまたママのところに寄ってきました。
足取りも普通です。
お顔も体も血色を取り戻しました。
あぁ~よかった。

ママはほっとしたのと同時に
これってもし運悪く・・・・・と思うと
怖くて怖くて

その発作が終わったら
普通に元気にしてるので
すぐに病院に電話をしました。
連れて行った方がいいのかお薬だけ貰いに行ったらいいのか
先生が診察中だったので暫く待ったらお電話を頂きました。
今ふらふらしていませんか?と聞かれ
普通に歩いてると言うと出来たら連れてきてくださいとのこで
ママはタクシーを飛ばして病院に行ってきました。

胸と心臓は気になるような音はありませんでした。
気管がひっついたみたいです。
たーちゃん少し体重が増えました。
先生は気になるくらいの増え方ではないが喉にも脂肪がつくので気をつけるようにといってました。
たーちゃん最近いびきをかくのでそれって気管が狭くなってるってことですよね。
でも以前はこの体重でもいびきはかきませんでした。
なんか寂しい気分です。

ママが行った人工呼吸は大正解だそうです。
何も分から酸素をたーちゃんにと必死の思いで
これ思いつかなかったらと思うと
ぞーっとします。
気管支拡張剤、消炎剤、抗生剤を貰って帰ってきました。

IMG_20160125_125555.jpg

病院から帰って来ておやつを待ってるたーちゃんです。
これからは注意いっぱいしないと
早速携帯酸素を買ってきました。
人工呼吸が一番ですが
もしもの時のお守りです。


ママは朝方変な夢を見ました。
夢か本当なのかわからないような
今ベッドを端に移動して空いた床でたーちゃんと一緒に寝ています。
丁度ベッドの横にです。
ベットが奥側で寝ているところがドアに近い方
私が起きると(布団の中でうつむき状態)白いふわふわとした犬の後ろ姿が見えたんです。
ぬいぐるみの後ろ姿の様な輪郭がはっきりしていない感じ
最初薄暗い中あれ???って思って見てたらドアと反対方向に歩いて行くように見えたので
思わずたからがオシッコをしたくて間違った方に行ってると思って
たから!たから!と大きな声で呼びました。
そして電気をつけて起きようとしたら
脇腹当たりにあたるものが・・・
たからでした。ひとことワンと鳴きました。
でもまだ霞みがかかったようになってたけど
電気をつけると何もありません。
いつもの普通の部屋です。
たーちゃんも元気です。
自分では起きていたように思うのだけど寝てたのかな
変な夢でした。

夢を見ても起きたら忘れていることが多いのに
今日は違いました。
疲れてるのかな?

今たーちゃんは膝の上で寝ています。
まだ10歳
こんな事には負けてられません。
目が見えなくても春になったらたーちゃんの大好きな公園で
春の風、春の匂いを感じて欲しいもの





back-to-top