04.25
Mon
今日は初夏を思わせるような日でした。
もう日中は半袖のママです。

今日はたーちゃんのフィラリアの検査とワクチン接種、血液検査に行ってきました。
今年は狂犬病の予防接種はたーちゃんの体ではきついので免除となりました。
なので毎年4月初めに行くのですが今年は月末になりました。
それにしてもこの時期の動物病院は混んでます。
朝9時半過ぎに到着して終わったのが13時過ぎ
一日仕事です。

最近のたーちゃんは元気に過ごしていたので
安心してました。
なので元気な時にと思い来月のワクチン接種も今月にしてもらいました。

でもでもです。
血液検査の結果が・・・・・・・
肝臓に関するところが正常値より高くて今日からまたお薬を飲むようになりました。
肝臓はパピーの頃数値が高くて暫くお薬を飲んだのですが
そらからは全然大丈夫だったんでびっくりです。
元気そうにしていたので安心して油断してたと言ったら変ですが
血液検査の結果も大丈夫とタカをくくっていたのでショックでした。

私の今までの経験からなんでも
もしかしてもしかして悪いのではと心配している時の方がいい結果になることが多くて
安心していた時の方が悪い結果になるという典型的な結果でした。

AST  63(正常値0-48)
ALT 449(正常値12-130)
ALP 341(正常値20-155)
GGT 25(正常値5-25)

今日から1か月お薬を飲んでまた血液検査です。
一難去ってまた一難です。


あと心音は正常で肺音は遅いのですが気になる雑音等はありませんでした。

DSC_0260.jpg


今日病院で予防接種にきてる元気なワンちゃん達を見てると
体中に力があるのにそれの比べてたーちゃんは軟体動物のようです。
待合室でもママの胸に顔をもたげて寝てばかりです。

お耳の治療にマルチーズの元気な女の子も来ていました。
元気そうなのでまだ若いのかなと聞いてみたら
たーちゃんと同じ11歳でした。

同じ歳でも元気な子もいればたーちゃんのような子もいる
人間と一緒・・・・・
人もワンコも一緒だなぁ・・・

肝臓はストレスでも悪くなるので
目が見えないことによるストレスからかも・・・

色々思うよりお薬飲んで前向いて
たーちゃんと一緒にがんばります(^-^)








back-to-top