11.17
Thu



今日はたーちゃんの再診の日でした。
病院の前にいつものように公園で遊ぶ時間を考慮して早めに出発
遊ぶと言っても15分ほどですが、この公園が好きなのかとっても喜ぶんです。

今日の結果です。
血液検査は少しだけ数値は下がっていましたがあまり変わらずでした。
少し胆泥はあるもののきれいになっていました。
胆汁もちゃんと流れてます。

嘔吐も下痢もなく食欲旺盛で元気なんです。
見た目も元気とわかるんです。
でも数値が、、、、
歯周病から肝臓が悪くなることもあるので診てもらいました
でも気になるようなことはなく
心臓も肺も正常
熱もなく
でも依然として肝臓のAST、ALT、ALPの数値が高いのです。
肝臓が壊れるとTP、ALB、A/G比、AMON、GGT、CHOL、TRIGの数値が異常を示すそうなのですが、この部分はずーっと正常なんです。
たーちゃんはパピーの時にもこうしてAST、ALT、ALPの数値が高くて、でもエコーで見る肝臓はきれいで
こんなことが1年くらい続きました。
この時はストレスでも高くなるのでお母さんが心配してオロオロするとたからに敏感伝わるので
ゆったりとしてあげてと院長先生に言われたことを思い出します。
この子は肝臓がちょっと弱い子なんかなと
目が見えなってストレスからなのかな???
お薬飲みながらでも元気に過ごしてくれていたらそれだけでうれしいのだけどね。


back-to-top