11.24
Wed
23日の勤労感謝の日朝6時前に起床

秋だと言うのにまだ夜が明けきらないうちにたーちゃんお散歩へと繰り出しました。

なぜって??

そう!!この日は

ママが待ちに待ったと言うのはホント????何だけど

紅葉狩りを兼ねたハイキングの日でした♪

前日凄い雨だったのでひょっとして中止かなと内心喜びかけてたママでしたが

運動不足のママに神様が歩きなさいと言わんばかりに朝には雨も上がりハイキング日和でした~♪

まずは目的地の浄瑠璃寺の紅葉の写真から

077_20101124134841.jpg


めちゃくちゃきれいでした~☆


イチデジ持って行こうか随分と悩んだのですが
おっちょこちょいのはなちゃんはカメラをリュックに入れてもしどこかにぶつけてはとか
カメラケースも標準のしか持ってないし色々考えてコンデジを持って行きました。


でも~~~!!でも~~~!!!
やっぱり工夫してイチデジ持って行けばよかったと後悔仕切りでした。





049_20101124135033.jpg

どうです?本当にきれいな紅葉でした。

京都と奈良の県境にある岩船寺と浄瑠璃寺で風情のある紅葉を見るのが今回の目的です。
途中石仏を見ながら軽いハイキングです。
この辺りを当尾の里と言います。

003_20101124134733.jpg

岩船寺の三重塔


012_20101124153438.jpg



今奈良は平城遷都1300年祭でいろんなお寺で御開帳されていますが
ここ岩船寺も同様に内部の壁画が公開されていました。


本当に静かないいお寺です。
岩船寺は花寺で有名です。
紫陽花の時期は人も多いのでしょうね。

岩船寺から石仏を見ながら歩きました。

034_20101124153449.jpg

笑い仏さん


024_20101124134731.jpg


やっぱり今は山ガールが流行ってるのか
若者から中高年のハイカーが結構いました。


040_20101124134730.jpg

日本の田舎の風景です。

page_20101124134840.jpg


042_20101124134730.jpg

道の途中にある無人売店
農家の産物をつるして売っています。
100円です。横に空き缶があるのでそこにお金を入れて買います。


山道を登ったり下ったりマイナスイオンいっぱいで本当に気持ちいい道です。
道中農家の人が作ったほんまもんの草もち食べておしゃべりして景色見ながら歩いてるとあっと言う間に浄瑠璃寺に着きました。
浄瑠璃寺に着いて感じたのですがめちゃ寒い!!冷えるって感じ
歩いてると寒さを感じないのですよね。
やっぱり体動かさないとダメだねと思いました。


浄瑠璃寺の傍に美味しいお蕎麦屋さんがあるのでお寺見物の前に腹ごしらえ
この小さなお蕎麦屋さん昼時には行列が出来ます。
その日に打った蕎麦がなくなり次第閉店なので私たちは早目にいただきました。
メニューはせいろ蕎麦ととろろ蕎麦の二種類だけなんですよ。

page_20101124134746.jpg


美味しかったです~♪
新そばは香りが違いますよね。


そしていよいよ浄瑠璃寺に入りました。

065_20101124134842.jpg



浄瑠璃寺の紅葉は見事です。
本当に真っ赤に色づいてきれい~~☆
朝晩の寒暖の差が大きいのでこんなにきれいに色づくのでしょうね。

071_20101124160635.jpg



浄瑠璃寺は吉祥天女像(鎌倉時代)が御開帳されていて拝観できました。
幸福の女神なのでちゃんとお参りしましたよぉ^^


こうして見ると本当に奈良の都は凄いですよね。
鎌倉時代や藤原時代とか歴史を感じます。


1番目の写真の池は藤原時代のもので鎌倉時代に補強したと書かれていました。
遠い昔に人々がこうしてきれいな紅葉を眺めてたのかなと思うと凄いなぁ
なんかロマンだなぁ~

朝早くに家を出て岩船寺にはもう9時半には着いていました。
早起きすると一日が長くて得した気分です。

浄瑠璃寺を予定より早く出て帰りに奈良町を少し散策して帰りました。
そこで手作りの美味しいお菓子屋さんを発見しました。

そのお店のことはまた次に書きますね~♪


家に帰るとお留守番していたおたから坊がお出迎えしてくれました。

018_20101124152421.jpg


ただいまぁ~~ たーちゃん♪
たーちゃんのお顔見るとほっとします^^
奈良駅近くのお店でマルチーズの女の子を見かけて思わず声をかけました。
やっぱりわんちゃん見ると声かけたくなります(笑)
5歳6ヶ月の女の子で赤いリボンに赤いハーネスとリードでお洒落でしたよ~☆
たーちゃんと同い年♪2005年生まれですよね^^な~~~んて言ってしばらく立ち話
どこに行ってもマルチーズは目に付きます。
これは一種の病気です(笑)




back-to-top