白いTRESOR

やんちゃなマルチーズの男の子たからとおとぼけママの日記です。

彼岸花

先日10年ぶりに歯医者さんに行くことになったママ
歯磨きしてたら右下の奥歯に詰めてあるのがとれたんです。
あっ!違いました。
摩耗したが正解かな(笑)

子供のころから歯だけは良くて
虫歯もなくて
初めて歯医者さんに行ったのが二十歳を過ぎてから
それも親不知を抜いてもらうために
その時少し虫歯が見つかって治療してもらいました。

その詰めてもらってから
もう一本虫歯が見つかり
その治療を10年前にしてもらって
その時詰めてもらったのが
良く噛んで摩耗してしまいました。

歯周病もなし、もちろん歯槽膿漏もなし
虫歯もなしと言うことで3日通って終ちゃいました(^^)

たまに歯石だけ取りに来なさいと
言われたのでそうしようと思います。

なんせ人生で数回しか歯医者さんに行ってないので
慣れないし力が入って
肩凝ちゃいました(笑)


007_edited-1_20130929174843bd7.jpg

たーちゃんは歯磨き苦手なので
歯石取りの時数本歯を抜いちゃったね。


ところで日曜日に行った大きな公園
暑くならないうちにと慌てて家を出たので
たーちゃんのリードを忘れてしまったママ

たーちゃんをキャリーバックに入れる時
リードをはずして横に置いたのを忘れてしまいました。
公園についた時、『あっ!!』て気がついたのよね。
思わず『最低!!~~~』と呟いたママ
その時後ろに男の人がいて
ママの横を通りすがりに
何度も何度も振り返るし・・
いやいや!あんたのことじゃないって
そんなことより久しぶりに大きな公園に連れて来てあげたのに
どうしよう!!どうしよう・・・・
そればかり考えながら公園に向かって

リードの代わりになる物ないかなとキャリーバックとカメラバックの中をごそごそ
なんか紐落ちてないかなとキョロキョロ

その時救いの女神が(笑)
いつもならジーンズにスニーカーで公園に行くのに
昨日は珍しくレギンスにワンピで出かけたのでした。
うふふ よかったぁ!!
ワンピに紐がついてるじゃない(^^)
ママは思わず紐を引きぬいて
たーちゃんのハーネスに括りつけました(^^)
昨日UPした最後の写真のたーちゃんに
そのチェックの紐が写ってるので笑ちゃいます。



page_201309302027541e4.jpg

公園でたーちゃんに話しかけてくれた人に
聞かれてもいないのにリード忘れて・・・・と言いわけするママ(笑)
だってリードも買ってもらえないのかと思われたらたーちゃんが可哀そうだし・・(笑)

そんなこと関係なしに
たーちゃんははしゃいでたけど(^^)

137_20130930202902711.jpg

公園の隅の方に
少しだけ彼岸花が咲いていました。

130_20130930202859bbe.jpg

124_201309302028582b1.jpg

もう盛りが過ぎて
色もあせて少し枯れてきてたけど

132_edited-1.jpg

昔は彼岸花の赤が怖くて嫌いでした。
嫌いより怖かったのかな
毒々しい赤に見えて
彼岸花という名前も嫌でした。

今も好きな花と言うわけではないのですが
彼岸花を見ると秋だなぁと思います。

112_20130930202822a82.jpg

写真を習うようになってから
季節を花で感じるようになりました。
彼岸花・・・
毒々しい赤ではなくて
情熱の赤なのかも・・・


そんなことを思いながら
写真を編集してたら


あはは
お気楽なうちのおたから坊


032_edited-1_20130930202943acd.jpg

すやすやと夢の中でした(笑)

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

はなちゃん

Author:はなちゃん
名前 たから
2005年3月11日生まれ
マルチーズ 男の子
出身地 福岡県 居住地 大阪府
長所 ワンちゃんも人も大好きフレンドリー
短所 怖がりさん

お誕生日まで

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

たから日記 (341)
ママ日記 (306)
お出かけ (151)
トリミング (56)
病院 (56)
カメラ (117)
その他 (13)
未分類 (0)

FC2カウンター

いつもありがとう♪

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん